貧血 症状 肩こり

肩こりの症状と貧血には意外な関係があった?

 

 

 現代社会では、辛い肩こりを経験する人は多くなってきています。
 肩こりになると、肩が重い、痛い、硬いなど様々な症状が出ますが、ひどくなると貧血の症状でめまいや吐き気がすることもあります。

 

 また他の部位の腰痛や頭痛からくる肩こりもあります。
 原因は人により様々ですが、仕事や家事などで、姿勢の悪さや歩き方などから肩こりが慢性化して痛みがある場合もあります。

 

 痛みに我慢できず、いつも肩を揉んでいたり叩いていたりする事もあり、生活に負担や問題を生じる事もあるので安易に考えず、痛みが長引く時には専門医の診察を受けるようにしましょう。
 つい我慢しがちの数々の身体の痛みの中でも症状ですが、早い治療が良いです。

 

 また、症状を悪化させたりしないように予防や対策を取られる事が良いです。
 腰痛や姿勢の悪さ、同じ姿勢を長時間する、力仕事などの身体の原因の場合は、専門医での診察、痛み止めなどの薬、マッサージなどの治療を始めてみましょう。
 また、ツボを刺激して痛みを緩和させる針治療などにも効果が期待できます。

 

 

 

 肩こりには、身体からくる痛みもありますが、心の病からくる痛みもありますので注意が必要です。
 心の病からくる痛みの場合は他の痛みや身体の不具合もある事がありますので、心をリラックスさせて休ませてあげることが必要となってきます。

 

 マッサージとは違って香りの効果もあるアロマエステや旅行などの趣味に時間をかけてみる、話を聞いてくれる友人、専門のカウンセリングの受診なども良いでしょう。
 一人の時間をたっぷり取り、ゆっくりすることも良いです。

 

 貧血などのめまいや吐き気を伴うほど症状が重い場合には、特に気をつけて周囲の人の協力を得る事も必要ですので告知しておくことが良いでしょう。
 早めの対策、早めの治療が身体を楽にする方法になってきます。

 

 次の記事はこちらです。
 オフィスでも簡単にできる!1分間の肩こり体操とは?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。