妊婦 肩凝り 首凝り ピップエレキバン 解消方法

妊婦にお勧め!ピップエレキバンでの肩凝り解消方法!

スポンサーリンク

 

 妊婦の方は出産に対する不安や緊張やホルモンバランスの変化などで肩こりに悩まされる方が多くいます。
 しかしながら、妊娠中の期間において外用消炎症剤の使用には注意が必要となります。
 なぜなら、強力な消炎症剤には炎症が周囲に広がらないように血管を収縮させ、炎症物質を閉じ込める作用があるからです。

 

 この血管を収縮させる働きにおいて胎児に心肺停止等の危険性をもたらす危険性があるからです。
 特に妊娠後期においてはインドメタシンやボルタレン等が含有された商品を使用することにおいて注意が必要となります。
 このような理由により外用消炎症剤を妊婦が肩こりに使用することは好ましくないといえます。

 

 しかし、この点においてピップエレキバンは妊娠中でも安心して使用できる肩こり解消の商品であるといえます。
 なぜなら、磁気により血行を促進してくれるため、胎児に悪影響をもたらす危険性が極めて低いからです。

 

スポンサーリンク

 

 このように妊婦でも安心して使用できるピップエレキバンは肩こりの原因によりその解消方法が異なってきます。
 特に出産に伴う緊張で全身に疲れがあるコリに対しては肩だけではなく、多くの箇所に貼り、全身の緊張を和らげる必要があります。

 

 まず体の前側としては肩の付け根、足の付け根、腕の内側で肘を曲げた際に出てくるしわから上と下に指2本離したところにそれぞれ貼ります。
 次に体の後ろ側として首の付け根から肩に向かって肩甲骨の内側と脇付近に、腰とおしり、肘から指2本程下の部分に貼ります。
 この全てに貼るとピップエレキバンは計24枚になります。

 

 また、交換目安は2日から3日となりますが、妊娠期間中は肌が敏感になりがちですので、もしもかゆみやかぶれを感じたら、即座にはがすことが大切となります。
 しかしながら、ピップエレキバンはしなやかな構造かつ蒸れにくく、目立ちにくく、さらに剥がしやすい安心なタイプですので、妊婦においても安心して使用できるといえます。

 

 次の記事はこちらです。
 授乳中の女性にお勧め!ロキソニンではなく湿布薬で肩こり解消!

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。