肩こり 痛み ひどい 寝れない

ひどい痛みで寝れない肩こり!その意外な解消法とは?

スポンサーリンク

 

 肩こりがあまりにもひどい痛みで寝れないとなると、毎日の生活に支障をきたすことになります。
 しっかりとした睡眠がとれないことが原因で疲れが取れずにいると、仕事などでミスしてしまったり、しなくてはいけない家事や育児がはかどらずに困ってしまうことになります。

 

 そうならないためにも、肩こりをしっかりと解消しなくてはなりません。
 毎日のケアで眠れないという状態にならないようにしましょう。

 

 長時間同じ姿勢で作業をしている人は肩こりになりやすいです。
 解消するためには、肩まわしがおススメです。

 

 右手を右肩に、左手を左肩に置き、肩をぐるぐると回すのです。
 これで、肩や肩甲骨の周りの筋肉がほぐれて血行が良くなり、肩こりが改善できます。

 

 また、目の疲れから来る場合もあります。
 目の疲労の原因は、パソコンやスマートフォンなどの画面を長時間見続けることによっておこります。

 

スポンサーリンク

 

 仕事などで必要な場合以外は、画面を見る時間を極力減らしましょう。
 どうしても時間を減らせない人は、ブルーライトをカットするメガネをかけたり、シートをモニター上に張ったりすることで、疲れを緩和させることができます。
 そして、目を休ませることも必要です。

 

 ホットアイマスクなどを使用して、目の周りの血行をよくすることで、疲れがたまりにくくなります。
 ブルーライトは眠りにくくなるので、就寝前にはパソコンやスマートフォンなどはあまり見ないことが、良い睡眠をとるには重要です。

 

 さらに、姿勢も重要になってきます。
 良くない姿勢は体に歪みをもたらすからです。
 まずは、正しい姿勢を心がけるようにしましょう。

 

 猫背はもちろんですが、寝具が硬すぎたり柔らかすぎたりして、自分の体に合っていないことや、枕が合わないことで、肩こりが起こることはよくあるからです。
 そして、寝具を体に合うものに変えるようにしましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 肩こりで頭痛や吐き気!何科の病院で診てもらう?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。